三田市 市民活動情報サイト「きっぴーねっと」能楽と郷土を知る会団体プロフィール

団体プロフィール

団体情報

団体名 能楽と郷土を知る会
ふりがな のうがくときょうどをしるかい
外部リンク http://nohgaku-kyodo.com/

主な活動拠点

拠点の名称 フラワータウン市民センター ほか

事務局情報

氏名 朝原 広基
E-mail(1) info@nohgaku-kyodo.com

詳細情報

設立年月日 平成29年3月
会員数 7名
会員の主な年齢層 (30代~40代)
活動頻度 (不定期(ウェブサイト・チラシなどで告知あり))
入会金の有無 (必要に応じて徴収)
会員募集状況 (受付中)
活動内容紹介 ・地域史と能楽との関わりを調査、研究・マンガの形で制作、周知をはかる活動
・地域史と能楽の関わりを知る講座の主催
・能および狂言の子ども教室の実施
・地域ゆかりの能や狂言の復活、もしくはゆかりの新作能や新作狂言の制作、上演の企画、実行
活動目的 それぞれの地域に伝わる伝統芸能の能楽の、記録や記憶を掘り起こし、地域の歴史と一体として広めること
PRや実績など 地域の歴史と、伝統芸能の能楽を組み合わせ、企画実行しています。2020年には、三田市桑原の欣勝寺の民話をもとにした新作狂言≪くわばら≫を制作。プロによる初演の後、地域の子どもたちによる上演も2021年・2022年成功させました。今後も継続的な上演を目指します。
戻る

Menu